<ご案内>第34回燃料電池セミナーのご案内(申し込み締め切り:11月14日に延長しました。)

第34回 燃料電池セミナー(申込締め切りを11月14日に延長しました。)

□開催趣旨
 将来の燃料電池システムの中で、再生可能エネルギー由来の水素と燃料電池は極めて重要な役割を果たすことが期待されています。
 今回のセミナーでは、テーマを「水素・燃料電池の開発現状と海外動向」として、水素システムに関する諸機関の最近の取り組み、定置用燃料電池や各種モビリティの現状と今後の展開、及び最近種々の動きが伝えられる中国の状況に関するトピックスを揃えました。水素・燃料電池にご関係の皆さまに是非ともご参加頂き今後の活動にお役立ていただければと存じます。

□開 催 日:令和元年11月20日(水)10:00~16:25(受付9:30~)
□定   員:120名(定員になり次第、締め切りとさせて頂きます)※締切:11月13日
□対 象 者: FCDIC 会員 /  非会員 (一般)、学生、プレス
       <会員名簿>
□場   所:中央大学 駿河台記念館 281号室 (JR東日本:御茶ノ水駅 徒歩3分)
□テ ー マ:「水素・燃料電池の開発現状と海外動向」
□主   催:(一社)燃料電池開発情報センター(FCDIC)
□構   成:(講演タイトルは仮題を含みます。)
   <10:00~12:15 - 休憩 – 13:15~16:25>

10:00~10:45 「環境省における水素社会実現に向けた取組みについて」
               環境省 地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室 大谷 直人 氏
10:45~11:30 「福島水素エネルギー研究フィールドについて」
             東芝エネルギーシステムズ 山根 史之 氏
11:30~12:15 「東京ガスにおける家庭用燃料電池の現状と今後の展開」
               東京ガス 燃料電池事業推進部 伊東 健太郎 氏
12:15~13:15 <お昼休み>
13:15~14:00 「FCVの開発と初期市場の創出~水素社会を目指して~」
              トヨタ自動車 鈴木 稔幸 氏
14:00~14:45 「東京R&DにおけるFC小型トラックの開発」
              東京R&D 大川 信彦 氏
14:45~14:55 <小休憩>
14:55~15:40 「JR東日本におけるハイブリッド(燃料電池)試験車両実証試験について」
              JR東日本研究開発センター 環境技術研究所 大泉 正一 氏
15:40~16:25 「中国の水素関連動向」
               JETRO上海事務所 高橋 大輔 氏

【参加の申込】 ご案内をご覧になり、申し込み書(Wordファイル)に必要事項をご記入頂き、e-mailに添付の上、お申込み下さい。
        申し込み書 URL:https://www.fcdic.com/pdf/seminar/FCDIC34thSeminar_mousikomi.docx
 参加費(税込):FCDIC会員:11,000円 / 非会員(一般):22,000円、(学生): 6,000円、(プレス): 無料

          —————————————————————————————————
    ※お問い合わせは、第34回燃料電池セミナー事務局 まで
   電話:03-6206-0231/ ファックス:03-6206-0232 / e-mail : fcdic-seminar☆fcdic.jp 
                                ☆を@に変えて使用下さい。
   ————————————————————————————————————

<ご案内>第27回燃料電池シンポジウム 講演発表募集

<ご案内>第27回燃料電池シンポジウム 講演発表募集の件

第27回燃料電池シンポジウム講演発表募集を開始いたしますのでご案内いたします。

燃料電池全般に関する研究発表会「燃料電池シンポジウム」は毎年多数の参加者を迎えて開催されており、今回で27回を数えます。会期2日間で、ポスター発表も含め約70件の研究発表、講演があり、学術研究、技術開発に関する貴重な情報交換の場にもなっております。
 第27回シンポジウムへの講演募集を下記にて行いますので、お申し込みをお待ちしております。

-記-

1. 会 期:2020年5月21日(木)~22日(金)
2. 会 場:タワーホール船堀(東京都江戸川区船堀、都営新宿線船堀駅下車)
3. 講演申込期限:2020年2月7日(金)
4. 講演申込方法:募集要項をご参照のいただき別紙申込書に必要事項をご記入の上お申し込みください。
5. 講演内容:燃料電池・水素関連の研究・開発などで新規性があり、かつ燃料電池実用化に資するもの
6. 講演時間:一件 20~25分(質疑を含む) 
7. 講演方法:講演発表はパワーポイントを使用
8. 講演者参加費(内税):会員及び学生 4,000円/非会員 11,000円 [会員名簿]

講演発表募集要項講演発表申込書予稿集原稿テンプレート

お問い合わせは、第27回燃料電池シンポジウム事務局まで
  e-mail:submission-sympo☆fcdic.jp(☆(全角)を@(半角)に変えてください。)
  電話:03-6206-0231、FAX:03-6206-0232

 

<ご案内> 「燃料電池」秋号、Vol.19-2を発行しました。

FCDICの機関誌、「燃料電池」(”The Journal of Fuel Cell Technology”)秋号、第19巻第2号を2019年10月30日に発行しました。(95頁)

 

特集:燃料電池の未来~東京2020レガシーを踏まえて~

基礎講座:第1回 電気化学システムとしての燃料電池の理論効率-熱力学からみた燃料電池-

寄稿:地球温暖化問題と水素および燃料電池への期待

投稿論文:太陽光発電直結水電解槽数制御法の評価

会員紹介:稲畑産業株式会社

 

詳細は、刊行物・機関誌「燃料電池」の欄をご覧ください。

2019年10月30日

 

 

<告知>ウェブ情報欄を更新しました。