<ご案内>第8回FC国際交流会は中止となりました。

新型ウィルス肺炎の感染が拡大するなか、ご参加いただく内外の皆様への感染リスク
を排除しきれない状況で開催することが適切でないと判断いたしました。

誠に残念ではございますが、本交流会の開催中止に関し、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第8回FC国際交流会(The 8th FC International Meeting)

FC懇談会/FCDIC共催行事

・日程:令和2年2月25日(火)午後

・会場:東京理科大学 森戸記念館 第一フォーラム(〒162-0825 東京都新宿区神楽坂4丁目2−2)

・構成:第Ⅰ部講演および第Ⅱ部交流会

 受付:午後2時

 第Ⅰ部 講演会(計8件) 14]30~18:15

NEDO:原大周氏 “Hydrogen and Fuel Cell Development in Japan”

Shanghai Green Frog Technology:裘氏(中国)“Current Situation of Hydrogen Energy and Fuel Cell Industry in Shanghai,
China-Government Promotion Policies and Business Models in China”

KOGAS(Korea Gas Corp.):Dr Park(韓国)“Deployment of Hydrogen & Fuel Cell Business in KOGAS”

NOW:Dr. Tjarks(ドイツ)“The current status of fuel cell and hydrogen technology in Germany and Europe”

NIMS:小山通久氏 “Toward Economically Rational Hydrogen Production from Solar Energy:
From Battery versus Hydrogen to Battery × Hydrogen”

E4-Tech:Dr. Hart(スイス)”Developments in the fuel cell industry and value chain”

Element 1 Corp:Dr.Lim(台湾)A solution for extended H2 supply for high power mobility applications”

Fumatech:Dr. Klicpera(ドイツ)“New trends in development of membranes for Hydrogen technologies”

第Ⅱ部 交流会 18:30~20:30

会場:東京理科大学 PORTA

 

・会費:5,000円(当日支払い。現金のみ)

詳細:クリックして下さい。

・参加募集:申込サイト  締め切り 2月7日(金)

・問合せ先:  国際交流会事務局 

・ご参考:前回、第7回国際交流会のプレゼン資料 

<ご案内>第27回燃料電池シンポジウム参加のご案内

<FCDIC 第27回燃料電池シンポジウム>
開 催 日:2020年5月21日(木)~22日(金) 受付(2階)9時~

対 象 者:FCDIC会員/非会員(一般)、学生、プレス

会員名簿

会   場:タワーホール船堀 2階、1階 (都営新宿線:船堀駅 徒歩1分)

講演内容:燃料電池・水素関連分野の研究・調査・試験結果/燃料電池関連計測装置
/燃料電池(移動体用・定置用)/触媒・膜・セパレータ関係/関連製品紹介/再
生可能エネルギー関連/パネルディスカッション<50年後の燃料電池> 等

主   催:(一社)燃料電池開発情報センター(FCDIC)

共   催:燃料電池実用化推進協議会、(公社)電気化学会 燃料電池研究会、
       SOFC研究会

後   援:(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構、東京都、埼玉県
協   賛:(公社)自動車技術会、(一社)水素エネルギー協会、 など合計17機関

参 加 案 内:第27回燃料電池シンポジウム 一般参加募集

申 込 書:第27回燃料電池シンポジウム 一般参加申込書

発 表 申 込:締め切りが2月7日(金)となっております。お急ぎ下さい。

シンポジウム併設展示会: 出展申込み期限 2020年3 月31 日(火)

スポンサーシップ:申込み期限 2020年3月31日(火)

 

*********************************************
お 問 合:第27回燃料電池シンポジウム事務局 まで
    電話:03-6206-0231/ファックス:03-6206-0232/e-mail:fc-sympo@fcdic.jp

*********************************************

<ご案内> 「燃料電池」冬号、Vol.19-3を発行しました。

FCDICの機関誌、「燃料電池」(”The Journal of Fuel Cell Technology”)冬号、第19巻第3号を2020年1月30日に発行しました。(115頁)

 

特集:プロトン伝導体を用いた次世代燃料電池の開発状況

特別企画:50 年後の燃料電池を考える

基礎講座:第2回 電極電位及び電池電圧と反応の駆動力

寄稿:再生可能エネルギーを活用した水素ステーション向け水電解システムの設計
と運用方策に関する研究

投稿論文:第一原理計算によるペロブスカイト型LaScO3 の相安定性と相転移機構

 

詳細は、刊行物・機関誌「燃料電池」の欄をご覧ください。

2020年1月30日

 

 

<告知>令和元年度FCDIC顕彰制度受賞者が決まりました。

<令和元年度FCDIC顕彰制度受賞者決定の件>

令和2年1月23日に開催された第16回理事会において、以下の受賞者が決定されました。

募集対象:FCDIC会員
募集賞種:産業貢献賞、学術賞、奨励賞
募集期間:令和元年7月1日~8月31日
審査期間:令和元年9月1日~10月31日
受賞者
産業貢献賞
 業績題目   燃料電池用触媒分野における産業界への貢献
 授賞対象   田中貴金属工業株式会社
奨励賞
 業績題目   ドライプロセス法による表面原子構造制御に立脚した燃料電池電極触媒の開発
 授賞対象   東北大学大学院環境科学研究科 轟直人 准教授
奨励賞
 業績題目   量子・分子論的解析を用いた高分子電解質膜内におけるプロトン輸送現象の解明
 授賞対象   東北大学流体科学研究所 馬渕拓哉 助教

追って、機関誌「燃料電池」誌 春号(2020年4月30日発行予定)にて報告いたしますが、第27回燃料電池シンポジウム(5月21日~22日)にて表彰式、記念講演を予定しております。詳細等お問い合わせは、事務局宛にお願いします。

<出展募集案内>第27 回燃料電池シンポジウム併設展示会

開催日:令和2年5月21(木)~ 22日(金)

会 場:タワーホール船堀 1F 展示会場にて展示(東京都江戸川区)都営新宿線 船堀駅徒歩1 分

 

出展例
⦿各種燃料電池 及び 構成部材 ⦿燃料改質 ⦿FCV(燃料電池自動車)&その関連技術 ⦿燃触媒関連
⦿水素及びインフラ関係 ⦿再生可能エネルギー関連 ⦿解析・シミュレーション ⦿評価装置等
⦿その他(燃料電池関連技術・規格等)

 

出展申込み方法:第27回 燃料電池シンポジウム 展示会 【出展要領】でご案内しておりますので、ご参照の上、 電子メールに  て(送信先:fcdic@suzukidenki.co.jp)、お申し込み下さい。

本件に対する問い合わせは下記までお願いします。

 

出展申し込み期限:2020年3 月31 日(火)
(25区画を予定しておりますが、早めのお申込みをお願い致します。) 

 

問い合せ先(展示会業務委託先):〒111-0033 東京都台東区花川戸2-12-5
株式会社 鈴木電機
担当:荒井・戸田・飯田
Tel: 03‐3842‐8201 Fax: 03‐3845‐3040
e-mail:fcdic@suzukidenki.co.jp
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
依頼元:〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-19 お茶の水ビジネスビル1階
一般社団法人 燃料電池開発情報センター(FCDIC)
Tel:03-6206-0231 / Fax:03-6206-0232 / e-mail:sj-seminar@fcdic.jp
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞