<告知>ウェブ情報欄を更新しました。 トヨタFCトラック、政府、水素製造コスト10分の1に(温暖化対策長期戦略)、ヤマハ水素電池車、輪島で試乗会等

外部情報→ウェブ・特許・論文情報の中の
ウェブ情報
を更新しました。 平成31年4月23日(火)

ウェブ情報

トヨタが燃料電池の大型トラック発表、ミライ のシステム搭載…航続480km、Response, 2019年4月23日

水素製造コスト10分の1に 政府が温暖化対策長期戦略 、日経 , 2019/4/23

再生エネで開発目標の500万キロワットは「海外が多くなる」 逆風の石炭火力は「一定程度必要」 JERAの小野田聡社長インタビュー、産経 , 2019.4.23

水素電池車、輪島で試乗会 ヤマハ、次世代交通モデルに、北國新聞 , 4/23

<告知>ウェブ情報欄を更新しました。 トヨタ・中国FCV他

外部情報→ウェブ・特許・論文情報の中の
ウェブ情報
FCDIC会員プレスリリース、お知らせ等
書籍等
を更新しました。

ウェブ情報

トヨタ社の中国企業への部品(FCスタック)供給は以下の中国語記事に詳しく書かれています。(Google翻訳をお使い下さい。)
福田汽车、丰田、亿华通合作推出氢燃料客车 燃料电池茶馆 , 2019年4月22日

会員プレスリリース

                        平成31年4月22日(月)

<ご案内>The 2019 Fuel Cell Seminar & Energy Exhibitionの参加登録が始まりました。

2019 Fuel Cell Seminar & Energy Exhibitionの参加登録が開始されました。

日程:2019年11月5日~7日

場所:米国カリフォルニア州ロングビーチ

登録サイト

参加者

展示者

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Registration Now Open!

Join us at the Largest and Longest-Running Fuel Cell Conference & Expo!

The 2019 Fuel Cell Seminar & Energy Exposition (FCS&EE) will be held
November 5-7, 2019, in Long Beach, California.
Registration is now open for attendees and exhibitors

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

燃料電池の国際会議の老舗とも言えるFuel Cell Seminarは1983年の11月に、”National Fuel Cell Seminar”として始まり、その後、”Fuel Cell Seminar”、”Fuel Cell Seminar & Exposition”、”Fuel Cell Seminar & Energy Exposition”と変えながら開催されて来ました。最盛期には2000人の参加者、日米同時通訳付きでした。最近は2年に1回、500人程度の参加者となっています。