<講演発表の募集>第29回燃料電池シンポジウム

2022年5月26日(木)~27日(金)にかけて開催されます第29回燃料電池シンポジウムの講演発表募集を開始いたしますのでご案内いたします。

第29回燃料電池シンポジウムは、聴講については会場並びにオンライン参加のハイブリッドで行いますが、口頭発表については原則会場での講演発表とします。講演募集を下記にて行いますので、お申し込みをお待ちしております。

            記

1.会 期:2022年5月26日(木)~27日(金)

2.会 場:タワーホール船堀(東京都江戸川区船堀、都営新宿線船堀駅下車)

3.講演申込期限:2022年1月25日(火)

4.講演申込方法:募集要項をご参照いただき別紙申込書に必要事項をご記入の上お申し込みください。

5.口頭発表:原則会場での講演発表とします。

  ポスター発表:会場での発表に限ります。質疑は第1日目のみとし、2日目はポスター掲示のみでも可とします。

  製品紹介発表:今回から設けます(6.をご覧ください)。会場での発表に限ります。

  口頭での発表、ポスター発表の別は2月下旬にご連絡します。

6.講演内容:燃料電池・水素関連の研究・開発などで新規性があり、燃料電池実用化につながる可能性があるもの。

  なお、今回から『製品紹介発表』を設けます。単なる仕様紹介だけでなく、開発のポイント、実績など技術情報を

  含めてください。申込数、内容によってはポスター発表に回っていただくことがあります。

7.講演時間:一件 25分程度(質疑を含む)

       製品紹介発表は一件15分程度(質疑含む)

8.講演方法:講演発表はパワーポイントを使用

9.講演者参加費(会員は不課税、その他は内税):会員及び学生 4,000円/非会員 11,000円 

  講演発表募集要項、講演発表申込書、予稿原稿テンプレートは、以下からダウンロードください。

 

講演発表募集要項 :クリックください

講演発表申込書   :クリックください

予稿集原稿テンプレート :クリックください

 

※ご参考 [会員名簿]:クリックください

 

お問い合わせは、第29回燃料電池シンポジウム事務局まで 

  e-mail:submission-sympo@fcdic.jp

  電話:03-6206-0231

 

 

 

 

<50年後の燃料電池を考えるWGからのご連絡>

会員各位

かねてから活動を進めております「50年後の燃料電池を考えるWG」は、機関紙への寄稿が終了いたしましたので(Vol.19 No.3~Vol.20 No.1)、中間とりまとめを加えて合本を作成いたしました。

会員の皆様に限定で改めてPWをお送りいたしますので、ご活用いただきますようお願い申し上げます。

ダウンロード はこちらから

ダウンロード期間:2021年2月16日から5月28日まで

 

 なお、本年5月27、28日に開催されます第28回燃料電池シンポジウムにおきまして、中間とりまとめをベースにした基調講演(谷本一美主査)およびパネル討論を実施いたしますのでご聴講いただければ幸甚に存じます。シンポジウム参加の詳細につきましては後日ご案内を差し上げます。

 

一般社団法人燃料電池開発情報センター 事務局

 

 

<ご案内>第28回燃料電池シンポジウム参加募集のご案内

 2021年5月27日(木)~28日(金)にかけて開催予定の弊センター主催の第28回燃料電池シンポジウムの参加募集についてご案内いたします。新型コロナ感染症に対応するため、現在シンポジウム委員会において第28回燃料電池シンポジウムの進め方について検討を行っておりますが、会場参加およびオンライン参加の併用で進めてまいります。

 3月中旬頃には詳細を詰めて参加申込みのご案内をいたしますので、下記について参加のご予定、ご検討のほどよろしくお願い申し上げます。皆様の参加申込みをお待ちしております。

            記

1.会  期:2021年5月27日(木)~28日(金)

2.参加方法:会場参加およびオンラインの併用

3.会  場:タワーホール船堀 2階(東京都江戸川区船堀4-1-1)

4.会場参加:200名限定(先着順とさせていただきます) ※定員に達した場合、当日の現地参加はできません

  リモート参加:参加人数に上限はございません

5.27日(木)シンポジウム終了後、交流会に替わり情報交換会を実施予定です(参加無料)

6.概略スケジュール

  プログラム公開:3月上旬頃 

  参加案内:3月中旬頃

7.問合せ先:第28回燃料電池シンポジウム事務局まで

       メールアドレス:fc-sympo@fcdic.jp

  ※ 新型コロナの感染拡大状況によって、開催方法・プログラムが変更になる場合がございます。

    ご理解の程、よろしくお願いいたします。

 

 

 

<ご案内>緊急事態宣言発出への事務局対応について

2021年1月7日の新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言発出を受け、

FCDIC事務局でもテレワークに対応した交代制勤務を実施しています。

事務局への電話が繋がりにくくなることも想定されます。

御用の方は、メールでのご連絡をお願い申し上げます。

ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

メールアドレス:center@fcdic.jp

 

 

 

<ご案内> Zoomによるオンライン研究会のご案内(10月14日開催)

2020年10月14日(水)13:30~15:40の予定で、

『燃料電池・水素技術の基礎と応用』と題し、

下記の通りZoomによるリモート研究会を開催します。

ご参加いただけますようお願いいたします。

          記

1.日 時   2020年10月14日(水) 13:30~15:40       

2.方 法   Zoomによるリモート研究会                               

3.プログラム

【研究会】『燃料電池・水素技術の基礎と応用』                              (1)13:30-13:35 代表挨拶

(2)13:35-14:35 (QA含む)

講演①「水素・燃料電池技術の必要性と高性能・高耐久燃料電池のシステム的な設計および開発」

    東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所 教授 山口 猛央 氏

 (3)14:40~15:40 (QA含む)

講演②「福島水素エネルギー研究フィールドについて」 東芝エネルギーシステムズ(株)

    水素エネルギー事業統括部 事業開発部 P2G事業開発グループ マネジャー 山根 史之 氏

4.参加費 無料(会員限定)       

5.講演資料  事前に、FCDICのホームページよりダウンロード頂きます。

ダウンロード方法については、参加申し込み頂いた方に、改めて連絡申し上げます。

   以 上

 

 

【追記】

1.ご参加の場合、必要事項(会社・機関名、所属・役職名、ご芳名、TEL、E-mailアドレス)を、

申し込みフォームに記載の上、10月2日(金)迄にE-mailにてご返送下さい。

※E-mailの宛先 center@fcdic.jp

2.ご案内は会員の方へお送りしています。非会員の方は参加できません。

3.会員各団体の参加者は、5名まででお願いします。また、参加者全員の参加申込書の提出をお願いします。 

  連絡いただいたE-mailアドレスに、Zoomの招待メールを送信させていただきます。

  参加者の確認を、メールアドレスを基におこなうため、ご協力よろしくお願いします。

4.当日スムーズにご参加できるよう、Zoomの登録(無料)と設定を事前に行っておくことをお勧めします。

  Zoomの登録アカウント名は、できるだけご本人のお名前と組織名で登録ください。           

 

<お問い合せ先>

〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1丁目19番地 お茶の水ビジネスビル1F

(一社)燃料電池開発情報センター 事務局