<講演発表の募集>第29回燃料電池シンポジウム

2022年5月26日(木)~27日(金)にかけて開催されます第29回燃料電池シンポジウムの講演発表募集を開始いたしますのでご案内いたします。

第29回燃料電池シンポジウムは、聴講については会場並びにオンライン参加のハイブリッドで行いますが、口頭発表については原則会場での講演発表とします。講演募集を下記にて行いますので、お申し込みをお待ちしております。

            記

1.会 期:2022年5月26日(木)~27日(金)

2.会 場:タワーホール船堀(東京都江戸川区船堀、都営新宿線船堀駅下車)

3.講演申込期限:2022年1月25日(火)

4.講演申込方法:募集要項をご参照いただき別紙申込書に必要事項をご記入の上お申し込みください。

5.口頭発表:原則会場での講演発表とします。

  ポスター発表:会場での発表に限ります。質疑は第1日目のみとし、2日目はポスター掲示のみでも可とします。

  製品紹介発表:今回から設けます(6.をご覧ください)。会場での発表に限ります。

  口頭での発表、ポスター発表の別は2月下旬にご連絡します。

6.講演内容:燃料電池・水素関連の研究・開発などで新規性があり、燃料電池実用化につながる可能性があるもの。

  なお、今回から『製品紹介発表』を設けます。単なる仕様紹介だけでなく、開発のポイント、実績など技術情報を

  含めてください。申込数、内容によってはポスター発表に回っていただくことがあります。

7.講演時間:一件 25分程度(質疑を含む)

       製品紹介発表は一件15分程度(質疑含む)

8.講演方法:講演発表はパワーポイントを使用

9.講演者参加費(会員は不課税、その他は内税):会員及び学生 4,000円/非会員 11,000円 

  講演発表募集要項、講演発表申込書、予稿原稿テンプレートは、以下からダウンロードください。

 

講演発表募集要項 :クリックください

講演発表申込書   :クリックください

予稿集原稿テンプレート :クリックください

 

※ご参考 [会員名簿]:クリックください

 

お問い合わせは、第29回燃料電池シンポジウム事務局まで 

  e-mail:submission-sympo@fcdic.jp

  電話:03-6206-0231

 

 

 

 

【申込ご案内】第37回セミナーのご案内(11月17日開催)

2021年11月17日(水)10:00~17:00の予定で、

下記の通りタワーホール船堀においてセミナーを開催します(Z00mによるリモート聴講も受け付けます)。

ご参加いただけますようお願いいたします。

          記

1.日 時   2021年11月17日(水) 10:00~17:00    

2.場 所   タワーホール船堀 2F福寿・桃源(Zoomによるリモート聴講も可)

3.セミナープログラム『水電解による水素製造・水素キャリアの最前線』

(1)10:00~10:05 代表挨拶

(2)10:05~10:55 (QA含む)

「我が国の水素戦略」                 経済産業省          藤岡 亮介 氏

(3)10:55~11:45 (QA含む)

「水電解技術の展望とその基盤技術」         横浜国立大学         光島 重徳 先生

 (4)11:45~12:35 (QA含む)

「日本における固体高分子形水電解の技術開発史」   元産業技術総合研究所   竹中 啓恭 氏

 (5)13:40~14:30 (QA含む)

「トクヤマにおける水電解の開発状況」        (株)トクヤマ     宮崎 幸二郎 氏

 (6)14:30~15:10 (QA含む)

「AGCにおけるPEM形水電解用イオン交換膜開発状況」 AGC(株)      角倉 康介 氏

 (7)15:20~16:10 (QA含む)

「高温水蒸気電解法による高効率水素製造システム開発の現状」 東芝エネルギーシステムズ(株) 犬塚 理子 氏

 (8)16:10~17:00 (QA含む)

「脱炭素に貢献する水素キャリアの展望」      (一財)エネルギー総合工学研究所     石本 祐樹 氏

 

4.参加費(1名様)会員:10,000円(不課税)、非会員:20,000円(税込)、学生:2,000円(税込)、マスコミ:無料

5.講演資料  事前に、FCDICのホームページよりダウンロード頂きます。ダウンロード方法については、

  参加申し込み頂いた方に、改めて連絡申し上げます。                                                                    

FCDIC会員名簿:クリックして下さい。

                                    以 上

 

 

【留意事項】

1.ご参加の場合、必要事項(会社・機関名、所属・役職名、ご芳名、TEL、E-mailアドレス)を、

  申し込みフォームに記載の上、11月12日(金)迄にE-mailにてご返送下さい。

        ※E-mailの宛先 fcdic-seminar@fcdic.jp

   ※締切日を延長致しました。11月12日以降となられます場合はメールにてご相談ください。

2. 参加申込書を受領後、請求書を送付させていただきます。

  請求書原本の郵送は致しません。領収書も銀行の受領書等でご対応ください。

3.参加者全員の参加申込書の提出をお願いします。 

  参加方法(現地参加またはリモート参加)を選択してください。参加費は同じです(Q&A機能で質問も可能です)。

  連絡いただいたE-mailアドレスに、Zoomの招待メールを送信させていただきます。

4.当日スムーズにご参加できるよう、Zoomの登録(無料)と設定を事前に行っておくことをお勧めします。

  Zoomの登録アカウント名は、できるだけご本人のお名前と組織名で登録ください。           

 

<お問い合せ先>

〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1丁目19番地 お茶の水ビジネスビル1F

(一社)燃料電池開発情報センター 事務局

<ご案内> 第32回寺子屋式燃料電池講習会のご案内(12月8日開催)

32回寺子屋式 燃料電池講習会開催のご案内

寺子屋式講習会は、その名前の通り燃料電池初心者の皆様に、“基礎から丁寧に”をモットーに2002 年の12月から開催してまいりました。近年では、1年に2回、6月頃と12月頃に開催としております。

今回の構成は、概況、基礎(PEFCとSOFCの原理、触媒、電解質等)に加えて、燃料電池に関する特許の重要性についてお話しいただく内容で構成しています。今回は、燃料電池(PEFC)キットの組立・発電体験も予定しております。

長年研究や開発等に取り組んで来られた講師陣が、様々な疑問に解り易くお答え致します。燃料電池を基礎から知りたい方、燃料電池関連の部署に配属になった方、お申し込みをお待ちしております。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

1.開催日時   令和3年12月 8日(水) 10:00~17:00(9:30受付開始)

2.定   員    30名

  (締切:11月22日(月) 但し、定員になり次第締切とさせて頂きます

 

3.開催場所    連合会館402会議室(東京都千代田区神田駿河台3-2-11)

       https://rengokaikan.jp/access/index.html

4.参加費 会員:\12,000(不課税) 非会員:\23,000(消費税込)

              学生:\6,000(消費税込)

  ※組立コーナーで使用した組立キット(繰返し組立/分解可)は、ご希望の

  方に、特別価格でお持ち帰り頂くことも可能です。ご希望の方は参加申

  込用紙にご記入下さい。

 

5.プログラム(講師のご都合により変更の場合がございます) ※敬称略

 10:00~11:00 燃料電池概況        FCDIC     羽藤 一仁

 11:00~12:30 基礎編Ⅰ(PEFCの基礎)   横浜国立大学 石原 顕光

 12:30~13:30    <昼食> (昼食は各自でお願いいたします)

 13:30~14:30 燃料電池(PEFC)キットの組立・発電体験  事務局

 14:30~14:50    <休  憩>

 14:50~15:50 基礎Ⅱ(SOFCの基礎)     産総研  石山 智大

 15:50~16:50 燃料電池に関する特許の重要性 特許庁 太田 一平

 16:50~17:00 総合質疑

 17:00       閉  会

6.申込方法 別紙申込書*にご記入の上、 下記 e-mail宛に添付して申込み

  下さい

   参加申込書が到着次第、請求書をお送り致します。

  問い合せ先  (一社)燃料電池開発情報センター 事務局 

  e-mail:fccon-xp@fcdic.jp  Tel:03-6206-0231

  ※FCDIC会員名簿:クリックして下さい。

【留意事項】

1.参加申込書を受領後、請求書をpdf(メール添付)にて送付させていただ

  きます。請求書原本の郵送は致しません。領収書も銀行の受領書等でご

  対応ください。

2.参加時には、マスクの着用をお願いいたします。

3.新型コロナの感染拡大状況によっては、変更・中止となる場合がございます。

 

問い合せ先 (一社)燃料電池開発情報センター 事務局

 e-mailfccon-xp@fcdic.jp Tel:03-6206-0231

〒101-0063東京都千代田区神田淡路町一丁目19番地

  お茶の水ビジネスビル1

 

*申し込み書URL: https://www.fcdic.com/pdf/ja/terakoya/31terakoya_mousikomi.docx

 

<会員限定>第162回研究会事前のご案内(10月20日(水)開催)

2021年10月20日(水)13:00~16:00の予定で、

下記の通り第162回研究会(見学会)を開催します。

本案内は事前のご案内です。

正式案内・参加お申し込み方法等については、改めてご案内申し上げます。

日程の確保とご予定の程よろしくお願いいたします。

          記

1.日  時   2021年10月20日(水) 13:00~16:00(仮)     

2.見学場所   東京オリパラ跡地のENEOS水素ステーション

         パナソニックセンター東京(有明)               

 

 

3.参加費    無料(会員限定)、定員:先着27名様

                                    以 上

 

<お問い合せ先>

〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1丁目19番地 お茶の水ビジネスビル1F

(一社)燃料電池開発情報センター 事務局

 

<ご連絡>第28回燃料電池シンポジウム優秀ポスター賞の件

第28回燃料電池シンポジウム につきましては、新型コロナウイスル感染拡大防止対策として、口頭発表、展示会、ポスター発表を全てリモートに変更して開催致しました。ポスター発表の内、学生の発表については、14名の審査委員による厳正な審査の結果、以下の3件の発表が優秀ポスター賞として選定されました。

◆高橋 達大(大分大学)「アミジン基修飾カーボンブラックを用いる白金担持カーボン触媒」

◆鈴木 琉斐(千葉大学)「プロトン性イオン液体修飾 Pt 単結晶電極上の酸素還元反応」

◆山手 駿 (東京大学)「プロトン伝導性セラミックス燃料電池の製造プロセス設計および経済性評価」

受賞者の皆様、誠におめでとうございます。受賞者の方には後日、賞状と副賞をお送りしますとともに、FCDIC機関誌「燃料電池」の投稿論文にご招待します。今後も益々の研究の発展を期待しております。

*********************************************

一般社団法人 燃料電池開発情報センター
第28回シンポジウム 事務局
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町一丁目19番地
お茶の水ビジネスビル1階
TEL:03-6206-0231 E-Mail:center★fcdic.jp

  メールアドレスは、★を@に変更ください
*********************************************