<ご案内>第8回FC国際交流会は中止となりました。

新型ウィルス肺炎の感染が拡大するなか、ご参加いただく内外の皆様への感染リスク
を排除しきれない状況で開催することが適切でないと判断いたしました。

誠に残念ではございますが、本交流会の開催中止に関し、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第8回FC国際交流会(The 8th FC International Meeting)

FC懇談会/FCDIC共催行事

・日程:令和2年2月25日(火)午後

・会場:東京理科大学 森戸記念館 第一フォーラム(〒162-0825 東京都新宿区神楽坂4丁目2−2)

・構成:第Ⅰ部講演および第Ⅱ部交流会

 受付:午後2時

 第Ⅰ部 講演会(計8件) 14]30~18:15

NEDO:原大周氏 “Hydrogen and Fuel Cell Development in Japan”

Shanghai Green Frog Technology:裘氏(中国)“Current Situation of Hydrogen Energy and Fuel Cell Industry in Shanghai,
China-Government Promotion Policies and Business Models in China”

KOGAS(Korea Gas Corp.):Dr Park(韓国)“Deployment of Hydrogen & Fuel Cell Business in KOGAS”

NOW:Dr. Tjarks(ドイツ)“The current status of fuel cell and hydrogen technology in Germany and Europe”

NIMS:小山通久氏 “Toward Economically Rational Hydrogen Production from Solar Energy:
From Battery versus Hydrogen to Battery × Hydrogen”

E4-Tech:Dr. Hart(スイス)”Developments in the fuel cell industry and value chain”

Element 1 Corp:Dr.Lim(台湾)A solution for extended H2 supply for high power mobility applications”

Fumatech:Dr. Klicpera(ドイツ)“New trends in development of membranes for Hydrogen technologies”

第Ⅱ部 交流会 18:30~20:30

会場:東京理科大学 PORTA

 

・会費:5,000円(当日支払い。現金のみ)

詳細:クリックして下さい。

・参加募集:申込サイト  締め切り 2月7日(金)

・問合せ先:  国際交流会事務局 

・ご参考:前回、第7回国際交流会のプレゼン資料 

<告知>第8回FC国際交流会の日程と会場が決まりました。

第8回FC国際交流会(The 8th FC International Meeting)

FC懇談会/FCDIC共催行事

・日程:令和2年2月25日(火)午後

・会場:東京理科大学 森戸記念館 第一フォーラム(〒162-0825 東京都新宿区神楽坂4丁目2−2)

・構成:第Ⅰ部講演および第Ⅱ部交流会

講演(計8件) NEDO:原大周氏、Shanghai Green Frog Technology:裘氏(中国)、KOGAS(Korea Gas Corp.):Dr Park(韓国)、NOW:Dr. Tjarks(ドイツ)、NIMS:小山通久氏、E4-Tech:Dr. Hart(スイス)、Element 1 Corp:Dr.Lim(台湾)、Fumatech:Dr. Klicpera(ドイツ)

・会費:5,000円(当日支払い。現金のみ)

詳細:クリックして下さい。

・参加募集:申込サイト

・問合せ先:  国際交流会事務局 

・ご参考:第7回国際交流会のプレゼン資料 

<告知>第7回燃料電池国際交流会プレゼン資料をアップしました。

燃料電池国際交流会(FC International Meeting)は、毎年開催される FC Expoの前日に開催することで、同展示会に参加される海外の方との交流を行う事を狙いとして、FC懇談会とFCDICの共催行事として2013年より行われてきました。今回は7回目となります。2月26日(火)の午後、東京理科大学で、以下の構成で開催されました 。FCHEAのPresident、Mr. Markowitzの来賓挨拶がありました。

・会場:東京理科大学第1号館記念講堂 (〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3)

・構成:第Ⅰ部講演および第Ⅱ部交流会

第Ⅰ部

1. NEDO: “Introduction of NEDO’s Activities for Hydrogen and Fuel Cell Technology

2. NOW: “From R&D to Market Deployment – Hydrogen Fuel Cell Trains in Germany

3. Technova Inc.: “Hydrogen Energy in Japanese Energy System and Industry

<Break>

4. Element 1 Corp. : “Advanced Development of Hydrogen Generator Technology for Applications in Commercial Solutions

5. Delta Energy & Environment: “Hydrogen and Fuel cells_EU and UK

6. Shanghai Palcan: “Methanol Reformed Fuel Cell in China
7. SA Government, Department of Science and Technology: “South Africa’s National Fuel Cell RDI Initiative

第Ⅱ部 交流会 於 PORTA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<告知>第7回FC国際交流会の日程と会場が決まりました。

第7回FC国際交流会(The 7th FC International Meeting)

FC懇談会/FCDIC共催行事

・日程:平成31年2月26日(火)午後

・会場:東京理科大学第1号館記念講堂 (〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3)

・構成:第Ⅰ部講演および第Ⅱ部交流会

・会費:5,000円(当日支払い。現金のみ)

第Ⅰ部

NEDO:“NEDO‘s Activities on Fuel Cell & Hydrogen” (TBD)
Delta Energy & Environment: “(TBD)”
<Break>
Technova Inc., Mr. Akiteru Maruta:“Recent status of hydrogen energy development”(TBD)
Element 1 Corp. , Mr. David S.W. Lim:“Advanced development of hydrogen generator technology for applications in commercial solutions. ”
Shanghai Palcan, Wolfgang Chen: “Methanol and Fuel Cell” (TBD)
SA Government, Department of Science and Technology: (TBC)
“South Africa’s National Fuel Cell RDI Initiative” (TBD)
Germany (TBC): “H2 FC and FC train”(TBD)

第Ⅱ部

詳細は追ってご案内します。

・参加募集:追ってご案内します。

・問合せ先:  国際交流会事務局 yoshitake(at)fcdic.jp   (atを@に置き換えて下さい。)